慰謝料の発生と請求

テレビなどでも聞く言葉の中に、慰謝料があります。不倫の末、慰謝料を請求し離婚したといった報道を見かけることもあるでしょう。交通事故などでも、慰謝料の請求をすることがありますので、ニュースになることもしばしばです。この慰謝料とは、違法行為によって損害を被った時に請求することになります。精神的苦痛や肉体的苦痛を受けた場合に、加害者に対して請求を起こすのです。そのため、債務不履行のような場合には、慰謝料とは呼ばずに、損害賠償となります。ほとんどの場合が、離婚か交通事故であるというのも、一つの特徴であるといえるでしょう。ただし、苦痛に対しての賠償であるという性格から、必ず支払われるものではありません。請求することはできても、支払いに応じないということもよくあります。

慰謝料が発生するためには、それ相応の理由がなければいけません。精神的苦痛や肉体的苦痛がないのに、慰謝料が発生することはないのです。よく混同されることがありますが、性格の不一致という理由で離婚する場合、慰謝料は発生しません。これは、どちらが苦痛を受けたのか、はっきりさせることができないためなのです。慰謝料はいりませんといった場合にも、後から請求することができなかったりします。非常にデリケートな部分を持っているともいえるでしょう。こうしたことを知識に持っておくことは、リスクに備えておくために重要です。離婚だけではなく、交通事故の慰謝料も解説してありますので、参考にしていただければ幸いです。